患者さん奮闘記

一言に歯科治療といっても色々あります。虫歯・歯周病などに関してはまあまあ、みなさん予想がつくのではないかと思います。

しかし、口が原因の不定愁訴は、ありとあらゆるケースがあり、治療している私も、患者さんと一緒に不思議がっているのが現状です。
歯医者が驚いたり、不思議がってどうするんだ・・・・といった声も聞こえてきそうですが、それがどっこい人間の身体は摩訶不思議。現代の科学なんかじゃ、解明なんてまだまだ。解らないことだらけ!

そこで患者さんの治療状況や治療結果を、症状をメインに報告して見たいと思います。事実の積み重ねの中から、真実そして真理が見えてくる可能性を皆さんと探って行くコーナーになればいいんですが・・・

 患者さんの奮闘記一覧

記事

噛み合わせがよくなりました 
平成29年9月20日
患者さんからいただいた文章を、ご本人の了解のもと、掲載させていただいています


この度は、大変お世話になりありがとうございました。

私は、歯の手術後のかみ合わせの調整がうまくできず、普通ならば術後1年で、ワイヤーを外すことができるのですが4.5年経ってもワイヤーを外せずにいました。
 術前の矯正の時にワイヤーを入れ半年ほど経ったころから鼻の穴の内側に炎症が起こり、瘡蓋になったりなど金属アレルギーの症状が出てきました、最初はアレルギー鼻炎が出てきたのだと思っていました。
金属アレルギーと解っても歯の矯正中の為外してしまうには、あまりにも体に負担がかかっていました。
歯のかみ合わせの調整がつかず、頭痛、吐き気、下痢、グルグル目が回る、どんな体制になっても吐きそうで、まるでメニエール病のようになっていました。更年期もあるのかと諦めていました。
私は、顎の骨の噛み合わせが浅いせいで、ずれ易く、奥歯で噛みしめてしまう癖もあり、顎から首の僧帽筋の張りになり、背中が張って上を見て眠ることが辛く、寝返りで目が覚め、睡眠にも異常が出てきていました。車での長距離で座っていることも苦痛になっていました。そんな時に噛み合わせと睡眠の関係が歯に影響があることを知り、氏家医院を訪れました。
 正直、歯の治療でここまで変われるとは、思ってもいませんでした。
なぜなら、今の歯の治療も専門の大学病院だったからです。また、歯の影響の範囲の広さにも驚いています。
 改めて、歯の大切さに気付かされました。原因不明の体調不良で悩む方、一度来院してみてください。

先生、スッタフの方々本当にありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
アトピーが治りました 
平成29年5月3日
患者さんからいただいた文章を、ご本人の了解のもと、掲載させていただいています


この度は大変お世話になりありがとうございました。

私は大学生のころから突然ひどいアトピーに悩まされるようになりました。
西洋医学、東洋医学を含めお医者さんにもいろいろ見てもらいましたが、
「ダニとハウスダストのアレルギー」と診断されたり、「自律神経がおかしくなっている」等の
診断でしたが、特に根本的な解決策もなく、
自分ではどうしてそうなったのかわからず、なぜ?どうして?と
答えがわからないままずっと苦しんでいました。

先生が、左の奥歯の詰め物を体が嫌がっているから、と詰め物を外したら
突然、目の前が明るくなったうえに、いままで猫背の原因だった
背中のでっぱりがまっすぐになって本当にびっくりしました。
(それまでは、マッサージに行く度に、背骨が湾曲している等言われていました。)

治療を続けるうちに、体も軽くなり、アトピーも驚くほどよくなりました。
歯でこんなに体調が変わるなんて思ってもいませんでした。
もちろん不調のときもありますが、体の健康度が何ランクも底上げされた感じです。

もっと多くの原因不明の体調不良で悩む方々が治療を受けられるのを
願ってやみません。

本当にありがとうございました。
またなにかありましたらご相談にうかがいますので、
そのときはどうぞよろしくお願いいたします。

  40代 女性
今は自分に自信が持てます 
平成28年7月11日
患者さんからいただいた文章を、ご本人の了解のもと、掲載させていただいています


最近、仕事も含め色んなことが調子が良くて波に乗っている感じです。氏家先生の治療のおかげで色んな波動が上がったのかな、と感じてます。とてもとても感謝しています。

一番ひどい時は自分は存在価値がないと思ってうつ状態でしたが、今では自分に自信があります(笑)

歯の治療でここまで変われるとは驚きです。最近は自分の体験を色んなところで話すようになりました。みんな興味深く聞いてくれます。少しずつでも歯の健康の大切さを自分の周りの人たちにも伝えていけたらと思います。


院長からのコメント
 金属アレルギーでいらした患者さんでした。かなり日常生活も大変そうでしたが、いつも気持ちを前向きに保とうとする勇気をお持ちの患者さんでしたので、治りも早かったのではと思っています

こんなに元気になりました  その15 
平成27年9月5日
患者さんからいただいた文章を、ご本人の了解のもと、掲載させていただいています


お世話になっております。
先日は勉強会に参加させて頂きありがとうございました。
多くの発見があり楽しかったです。

さて
エルマクリーンについて新たな発見があったのでお伝えしたいと思います。
エルマクリーンにある差込口の2つ目にワニ口クリップをつないで机のアースをとっています。
僕の机の骨格は鉄製であり、トリフィールドメーターで計測したところ
やや電荷を帯びていたのでその電気を逃がそうと考え接続しました。
するとどうでしょう。
以前は机に向かっていると段々疲れてきていたのですが、ここのところ疲れにくくなった様に思います。
さらに長い時間座っていると妙に体がほてる感じがあったのですがそれもなくなりました。
これは周囲の家電や電波によって帯電してしまった金属の電場をエルマクリーンが逃してくれているのだと思います。
そしてここからが凄い所。
試しに机の金属部分を掴んでみました。
すると、頭の中がスーッと晴れ渡るようにクリアになってきました。
最近は思考力が回復しつつあるのですが、更に頭が冴え渡る感じがします。
邪念が消え、目の前のことに集中できる感じです。
ここで僕は1つ確信を得ました。
邪念とは、電磁波によるノイズなのではないか。
そして湧き上がる感情は考えに支配されて切り替えができない状態と言うのは
帯電しているのと同じなのではないか。ということです。
本当に驚くほど思考がスッキリするので、氏家先生も是非試していただきたいと思います。
緑のアーシングマットで帯電を取る時以上に、思考がすっきりします。
そしてもうひとつ驚いたのが、肩のこりが最近特に楽になってきていることです。
一時は凝って凝ってしょうがなかったのですが、机の金属を掴んでいると
これが楽になるのです。不思議なくらいに。
ここでまた考えたのは、肩こりは帯電している状態なのではないか。ということです。
日本人は特に肩こりだということはよく言われることですが、
これは電場環境と関係があるのではないかと思います。
アースの取れない日本の配電環境に対し、海外はしっかりアースが取れる構造になっている。
ということは、日本人の肩こりは低周波電場が引き起こしているのではないかと思うのですが
どうでしょうか。
北欧や欧米では肩こりに該当する言葉がないそうです。
同じ人間なのに人種が違うだけでこんなにも違うものでしょうか。
これからもエルマクリーンで帯電をとってみたいと思います。
エルマクリーンの低周波電場除去能力は素晴らしいといえます。
体の反応が何よりの証拠です。
またご連絡します。


※ エルマクリーンとは、電磁波防止器で詳細をお知りになりたい方は [ エルマクリーン ] 検索 にてお調べください   写真を載せておきます